ハート出版ニュース

ハート出版の書籍に関連したニュースをお届けします。
ハート出版ニューストップ > スポンサー広告 > 第12回「わんマン賞」受賞作品決定ハート出版ニューストップ > わんマン賞 > 第12回「わんマン賞」受賞作品決定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

第12回「わんマン賞」受賞作品決定

この度、第12回「わんマン賞」にご応募いただきました皆々様、誠に有難うございました。
どの応募作品にも、その作者と犬とのドラマがありました。それぞれの思いが痛いほど伝わりました。

その中から、最終選考対象3作品を選ばせていただき、さらに最終選考会議の結果、以下の作品を「第12回わんマン賞受賞作」として決定致しました。


〈童話部門〉
【大賞】……
該当作なし
【佳作】……『おやすみ ウメ、チョビン』(冴 綸子様/大阪府)※筆名
       『大地震にあったアレックス』(松田英雄様/兵庫県)※筆名

〈絵本部門〉
【大賞】……
該当作なし
【佳作】……該当作なし


以上の結果となりました。

これまで、テレビに取り上げられたり、名誉ある童話賞を受賞したり、長い間売れ続け増刷を重ねたりと、多くの話題作を生み出してきたこの「わんマン賞」ですが、残念ながら今回は大賞の該当作はありませんでした。
例年より作品全体のレベルは高かったのですが、その中から最終選考に残った3作品は、粒ぞろいではあるものの決定打に欠け、2作品を佳作とさせていただきました。

佳作となった『おやすみ ウメ、チョビン』は、愛犬を泥棒に殺害された女性が、動物愛護活動に身を投じていくまでの軌跡を描いた物語です。文章のレベルが非常に高く、動物の命の大切さが伝わる本賞のテーマにあった作品ですが、小学生が読む童話としては、文章、内容ともに難しいのではという意見があり、佳作という評価になりました。
もう一つの佳作『大地震にあったアレックス』は、阪神淡路大震災で被災し、行方不明になった愛犬と一ヶ月後に感動の再会を果たすという物語です。
あらすじだけでもう涙が出てきそうなのですが、家族(おばあさん)を亡くしたにもかかわらず希望を捨てずに愛犬を探し続ける家族と、その家族を一ヶ月も忘れなかった犬の姿が心を打ちます。
ただ文章がまだこなれていなく、構成もまだまだ改善の余地があるということで、今回は佳作という評価にさせていただきました。

佳作受賞作については、後日弊社ホームページ上で作品の公開を予定しております。

今回から募集を開始した絵本部門ですが、最終選考に作品を残すことができず、残念ながら受賞作なしという結果になってしまいました。
「キャッツ愛童話賞」同様の問題が指摘され、今後の募集規定を見直すこととなりました。

最後に、ご応募いただきました皆様に重ねてお礼申し上げますとともに、結果発表が非常に遅くなってしまいましたことお詫び申し上げます。

「わんマン賞選考委員会」担当・西山
  1. わんマン賞
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
外部リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。