ハート出版ニュース

ハート出版の書籍に関連したニュースをお届けします。
ハート出版ニューストップ > 2012年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

DHA,EPAを取りあげたふるさと文庫のご紹介です

新しいサイトのご紹介です。 DHA,EPA関連書籍
DHA・EPAの健康への効果を紹介した書籍

脳・神経、視力回復、癌、生活習慣病、アレルギーなどに効果があると言われるDHA・EPA。このサイトでは、刊行点数200点近い、健康書籍の宝庫、ふるさと文庫の中からDHA・EPAに関連した書籍をピックアップして紹介します。


頭を良くする魚のDHA
英国のマイケル・クロフォード教授が「日本人の子供が欧米人の子供にくらべて知能が高いのは、日本人が魚を多く食べてきたことがその理由のひとつである」 と発表したことで、一躍脚光をあびるようになった魚のDHA。本書では注目のDHAが人間の知能に与える影響について紹介しています。受験生、妊娠中のお母さん、そして『頭が良くなりたい』と思っているすべての方々に読んでいただきたい本です。

もっとすごい薬効がわかった魚のEPA
デンマークのダイエルバーグ博士の「魚食中心のエスキモーには、血栓症が少ない。魚食が血栓症に効果的なのは、魚に含まれているEPAが、血栓症の改善に有効に作用しているためだ」と発表。以後、世界各国でEPAについての研究が行われるようになり、その素晴らしい効能が次々と明らかにされていきました。この本では、ガン、高血圧、糖尿病、アレルギー病といった現代病の予防・改善に、EPAがどのように効果を発揮していくのかを紹介しています。

魚のDHAで難病(ガン・心臓病・アレルギー)に克つ
本書では、魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)が知能の発達にとって有効である事実はもとより、私たちの生体機能を維持する上でも、絶対に欠かせない必須の成分であることを研究データを交えて紹介。大腸ガン、乳ガン、高血圧、劇症肝炎、アレルギー体質、不整脈、コレステロール・中性脂肪に対する効果についても取り上げています。

魚のDHA・EPAは泳ぐお医者さん
DHAの頭を良くする効果が特に注目されていますが、魚の油にはDHAの他に、同じくらい有効性の高いEPAという脂肪酸も含まれており、どちらも成人病や慢性疾患など様々な病気の予防・解消に効果的に作用することが明らかになっています。本書では、近年特に増加傾向にあって、しかも回復が難しい病気とされているアレルギー性疾患とガン、老人性痴呆症を取り上げ、それらに対するDHA、EPAの効果について紹介しています。

DHAびっくりデータ
健康食品というものに対してかなり懐疑的な医療現場の人たちや、世界各国の医学および薬学の研究者たちが、本腰を入れてDHA研究に着手してきました。日本でも医・薬学の研究者および臨床医の先生方が、痴呆症やがんをはじめ、アレルギー、高血圧、糖尿病、動脈硬化など、現代の難病といわれるさまざまな病気に対するDHAのすばらしい効果を明らかにしています。本書では、現在までに明らかにされている最新のDHA研究、特に臨床の場での効果を含めてまとめています。

EPAは心臓を守る潤滑油
EPAは、虚血性心疾患をはじめアレルギー疾患、大腸がん、糖尿病など、感染症以外のほとんどすべての病気に大きな効果を発揮します。虚血性心疾患に対するEPAの効果は、主に血管を丈夫にする働きによって生み出されています。「日本人の死因のトップは血管障害」ですが、EPAは、この動脈硬化をはじめとする血管障害の予防におおいに役立つのです。


目にも良く効くDHA
「近視大国ニッポン」と言われて久しい昨今、特に、子供たちの近視の急増ぶりが目立ちます。これは主に環境因子による影響が大きいでしょう。また、これからの高齢化社会において、目の機能をいかに若く保つかということは、非常に重要な課題になってくると思われます。そうした中、視力障害の予防に役立つ食品として注目されているのが、本書で紹介するDHA(ドコサヘキサエン酸)です。

ブレインフードDHAで“脳と心”が元気になる
ストレスの多い現代。情緒不安や精神障害に悩む人が増え、それによる自殺、暴力事件、登校拒否、引きこもりなどが社会問題となっています。そうしたことから、脳・神経系に栄養の面からアプローチする「ブレインフード(脳機能改善食品)」が注目されています。真の健康を得るには、「体の健康」だけでなく、全身の指令塔である「脳の健康」、そしてその脳の反映としての「心の健康」を保つことも大変重要です。健康の三原則であるこれら「体、脳、心」のすべてに効くのが、まさにDHA。DHAは、体はもとより、脳を元気にするブレインフードの代表格であり、現代人の疲れた心を癒やす特効成分でもあります。

中性脂肪を減らし、心臓を元気にするEPA
EPAは近年になって急増した虚血性心疾患やアレルギー、がんなどに対する独自の有効性が数多く報告されています。その薬効は医学的にも認められていて、日本ではEPAが「閉塞性動脈硬化症」「高中性脂肪血症」の治療薬として医療現場で汎用されています。またEPAを含む清涼飲料水が特定保健用食品としての認可され、商品に「中性脂肪を低下させる」作用の表示が可能となりました。医薬品と同じ成分が、特定保健用食品に認められたのは、EPAが初めてのことです。

魚油+αのマリンパワーシールオイル
シールオイルとは、アザラシからとれる油のこと。アザラシは、海で生活しているものの、元をたどれば私たちと同じ哺乳類。そのせいか、n―3脂肪酸の内容が魚類と若干違っています。シールオイルには、EPA・DHAに加えて、魚油には少ない「もう1つのn―3脂肪酸」が豊富に含まれているのです。そうした3つの「n―3脂肪酸」をあわせもつシールオイルには、魚油を超える健康効果が期待されています。
スポンサーサイト
  1. ミニ健康書籍ふるさと文庫

アミノ酸を取りあげたふるさと文庫のご紹介

新しいサイトのご紹介です。 アミノ酸関連書籍
アミノ酸の健康への効果を紹介した書籍

疲労回復、美肌、若返り、高血圧の予防などに効果があると言われるアミノ酸。刊行点数200点近い、健康書籍の宝庫、ふるさと文庫の中から、アミノ酸に関連した書籍をピックアップして紹介しています。
紹介している書籍は次の9冊です。

食べる絹
栄養学的にも価値のあるアミノ酸組成で、血糖値、血中コレステロール濃度の上昇を抑制し、脳卒中、高血圧等の成人病の予防に期待されています。

カロペプタイドで元気もりもり
カロペプタイドは、タンパク質を構成するアミノ酸のほとんどを含んでおり、必須アミノ酸はすべて含んでいます。高血圧、肝臓の機能回復、美肌、老化防止などに。

かつお節オリゴペプチドの威力
日本の伝統食であるかつお節を原料にして作られた、たんぱく質の酵素分解物です。高血圧や心不全の予防などに。

各種アミノ酸のはたらき
たんぱく質とアミノ酸についての基礎知識を分かり易く解説しています。

高血圧はGABA(ギャバ…γ-アミノ酪酸)で治す
ギャバは自然界に広く存在し、ほ乳類の脳や脊髄にも多く存在します。食品ではギャバロン茶や発芽玄米に多く含まれています。高血圧、脳卒中、動脈硬化、糖尿病、更年期障害、初老期の精神不安、痴呆症、肝臓、ダイエット、ストレス、腎臓病に。

体脂肪を燃やし、運動能力を高めるL-カルニチン
燃焼系アミノ酸L-カルニチンは、たんぱく質を形成しない遊離アミノ酸で、脂肪を効率よく燃焼させる働きがあります。ダイエット、筋肉疲労、筋肉痛、筋肉質な体作り、記憶力の増強、脳の老化防止、痴呆症の予防、慢性疲労、持久力、精力アップ、動脈硬化、免疫力の向上に。

L-シトルリンで血管機能血流アップ
L-シトルリンはスイカから発見された遊離アミノ酸の一種です。高血圧、虚血性心疾患の予防、疲労回復、運動能力の向上、脳卒中、認知症、美肌、精力増強、冷え性、寄生虫の感染予防、高齢者や病人の栄養状態の改善に。

抗疲労とダイエットにアンセリン
アンセリンは2種類のアミノ酸が重合したペプチドで、高速で回遊するカツオやマグロの血合いに多く含まれている成分です。持久力アップや運動機能の向上に役立ち、疲れやすい人におすすめです。痛風、糖尿病、眼精疲労、美肌、ダイエットにも。

健康と美しさをサポートするアミノ酸グルタチオン
グルタチオンがアミノ酸が3個重合したトリペプチドで、その多くが肝臓で作られ、肝臓内で生理作用を発揮しています。同時に肝臓から血液や胆汁の中に分泌され、全身を巡り、体中で健康維持、老化防止のために働き続けています。肝機能の向上、メタボ、白内障、貧血、美肌に。
  1. ミニ健康書籍ふるさと文庫
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
外部リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。