ハート出版ニュース

ハート出版の書籍に関連したニュースをお届けします。
ハート出版ニューストップ > 2011年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

坂本政道先生 講演会(大阪、福岡)のお知らせ

『激動の時代を生きる英知』の刊行を記念して、著者の坂本政道先生の講演会が開催されます。
2012年1月17日(火)福岡、2012年1月25日(水)大阪です。

紀伊國屋書店福岡本店、紀伊國屋書店梅田本店で、『激動の時代を生きる英知』または『激動の時代を生きる英知CDセット』を、お買い求めの方に、先着順で講演会用整理券を配布しております(整理券がなくなり次第配布終了となります)。

詳細につきましては、下の講演チラシをご覧ください。


●坂本政道先生福岡講演会(画像クリックで拡大されます)




●坂本政道先生大阪講演会(画像クリックで拡大されます)



講演会用整理券対象商品

 
激動の時代を生きる英知
ガイドとつながりアセンション


ヘミシンクCDセット激動の時代を生きる英知
書籍+ヘミシンクCD「内ガイドとつながる」


スポンサーサイト
  1. 坂本政道

「夢!どうぶつ大図鑑」(TBS)で“ゴミを拾う犬もも子”

「1匹のゴールデン・レトリーバーが町を動かした!」
「アンビリバボー!」「ポチたま」などでも取りあげられたことがあるあの“もも子”がスペシャル番組に登場です。 12月17日(土)放送、2時間スペシャル「どうぶつ大大大図鑑 人と動物の“愛と絆” 6つの奇跡の物語SP」(TBS)で「ゴミを拾う犬 もも子の奇跡の物語」が取りあげられます。


“もも子”とは?
住職さんと飼い犬・もも子の散歩コースは岩手県の北上川。住職さんは散歩しながらごみ拾いを続けていました。
もも子が生後10カ月の頃のことです。住職さんは、川の上流から流れてきたビニール袋を棒でひっかけて取ろうとしたとき、足をすべらせて川に落ちてしまいました。もも子は驚き、あわてて川に飛び込むと、住職さんのところに泳いでたどり着きました。
住職さんは「もも子、だいじゃようぶだよ」と声をかけました。
すると、もも子は身をひるがえして、流れているそのビニール袋に向かって泳ぎ始めました。
やがてそのごみを口にくわえ、住職さんのところに持ってきたのです。

それ以来、もも子は散歩のたびに、流れてくるごみ、土手に捨てられたごみ、流れ着いたごみを見つけては、口にくわえて拾ってくるようになったのです。
しかし、おもしろいことに、木の枝など自然のものには目もくれず、ビン、カン、ペットボトル、ビニール袋、紙おむつなど、人が作ったごみだけを選んで持ってくるのでした。

そんなもも子の活躍は街中で話題となり、やがて「ごみポイ捨て禁止条例」の制定にまで発展するのです。

ごみを拾う犬もも子
ごみを拾う犬もも子


ごみを拾う犬もも子のねがい
ごみを拾う犬もも子のねがい

  1. ごみを拾う犬もも子
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
外部リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。