ハート出版ニュース

ハート出版の書籍に関連したニュースをお届けします。
ハート出版ニューストップ > 2010年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

リズ・ブルボー来日、セミナー開催

リズ・ブルボーベストセラーズ「〈からだ〉の声を聞きなさい」シリーズのリズ・ブルボーさんが来日します。

11月18日(木 19:00~21:00)特別イブニングセミナーが開かれます。場所は東京・池上会館 展示ホールです。



テーマは「本当のあなたでいることを妨げる感情の傷を発見しよう」。このセミナーでは、どの種類の感情の傷が、小さい頃からあなたに影響を与えてきたのかを見分ける方法、そしてどのようにしたらその傷から自由になれるかをお伝えします。このセミナーに参加すると、あなた自身のことだけではなく、あなたの周りの人たちがどの種類の傷をもっているのかもわかるようになるでしょう。多くの気づきがつまった2時間のセミナーです。



詳細は下記ページをご覧下さい。



【リズ・ブルボー】2010年11月18日(木)特別イブニングセミナー 「本当のあなたでいることを妨げる感情の傷を発見しよう」(東京)
スポンサーサイト
  1. リズ・ブルボー

西村眞悟前議員「特攻-空母バンカーヒルと二人のカミカゼ」を高く評価

国会議員として尖閣諸島に初めて上陸、視察した西村眞悟前衆議院議員(たちあがれ日本)がメルマガで、「特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ」(弊社刊)を取り上げました。「十月二十五日、特別攻撃隊マバラカットを飛び立つ」というタイトルのメルマガで、西村氏は、「本年、ロバート・ケネディー元司法長官の息子のマクスウエル・ケネディー氏が『特攻、空母バンカーヒルと二人のカミカゼ、米軍兵士の見た沖縄特攻戦の真実』という本を出版した。この本は、米軍の旗艦バンカーヒルを戦闘不能に陥れた二機の零戦パイロットのことを日米の当事者への取材で克明に描く力作である。戦後の日本では忘れられたか、ことさら無視された時期のある神風特別攻撃隊であるが、海外では確実に語り継がれている」と紹介しています。

西村氏はそれに対し、NHKをはじめ、戦後の日本が国難に殉じた戦没者を冷遇し過ぎてきたことについて、「忘恩の国家に未来はない。我が国のNHKが忘恩の率先垂範をしてきたのであろうか」と批判しています。



眞悟の時事通信「十月二十五日、特別攻撃隊マバラカットを飛び立つ」





特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ

タイトル:特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ

サブタイトル:米軍兵士が見た沖縄特攻戦の真実


著者名:マクスウェル・テイラー・ケネディ

体裁:四六版・上製・672ページ

定価:3,990円(本体:3,800円)

  1. 特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ

「永遠の0(ゼロ)」の百田尚樹氏「特攻-空母バンカーヒルと二人のカミカゼ」をオススメの本に

「新刊ニュース」2010年11月号(トーハン発行)の「国民読書年にオススメの本 人気の著者が選ぶ この3冊!」という企画で、「特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ」(弊社刊)が作家の百田尚樹氏(「永遠の0(ゼロ)」(太田出版・講談社文庫)の著者)の「オススメの本」に選ばれました。百田氏が選んだのは他に「軍艦武蔵」(手塚正己著・新潮文庫)と「祖父たちの零戦」(神立尚紀著・講談社)です。
百田氏は、「3冊とも最近10年間に出た戦争ノンフィクションの傑作」と述べ、「特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ」については、「米側から見た特攻の壮絶なドラマ。特攻隊員に対する尊敬と哀れみが胸を打つ」と紹介しています。

「国民読書年にオススメの本 人気の著者が選ぶ この3冊!」


特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ

タイトル:特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ

サブタイトル:米軍兵士が見た沖縄特攻戦の真実


著者名:マクスウェル・テイラー・ケネディ

体裁:四六版・上製・672ページ

定価:3,990円(本体:3,800円)




  1. 特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
外部リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。