ハート出版ニュース

ハート出版の書籍に関連したニュースをお届けします。
ハート出版ニューストップ > 2009年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

「となりのトンコやん」総合1位に

2009081710480001.jpg


『となりのトンコやん』(久保田ゆき・作)が、ワンダーグー常陸大宮店で、総合ランキング第1位に輝きました。話題のベストセラー『1Q84』を抑えての快挙。

常陸大宮は作者・久保田さんが育った町で、物語の舞台でもあります。7月下旬の刊行と同時にたくさん売っていただきました。

となりのトンコやん
となりのトンコやん

スポンサーサイト
  1. となりのトンコやん

新刊「フラワー」新潟日報で紹介

7月の新刊「捨て犬フラワーの奇跡」が、8月6日付新潟日報家庭欄にて紹介されました。
去る7月30日にハート出版社内の一室で非常に綿密な取材が行われ、それを反映した記事は著者・樋浦知子さんからのメッセージも的確に伝える内容の濃いものになりました。
樋浦知子さんは、新潟県長岡市(旧・寺泊町)の出身でそのご縁での記事掲載に、「故郷に錦がちょっとは飾れたでしょうか」とまんざらでもない様子でした。

“余命一週間”と宣告されたダルメシアンとの闘病の日々を描いた感動物語、第11わんマン賞グランプリ作品「捨て犬フラワーの奇跡」は全国書店、ネット書店にて大好評発売中です。



捨て犬フラワーの奇跡
余命一週間のダルメシアン
 「捨て犬フラワーの奇跡」

  1. 捨て犬フラワーの奇跡

「医者と患者」青森県内の書店で大ブレイク中

青森県弘前市在住の今充先生初の一般書となる「治る病気も治らない 医者と患者のカン違い」が6月に刊行されました。
刊行当初は目立った動きがなかったのですが、かねてから著書を待望されていた医学会の重鎮の一人で、特に青森県内では絶大なる知名度を誇る今先生だけに、地元である紀伊國屋書店弘前店に入荷したとたん大ブレイク。並行して、先生ご自身が陸奥新報、東奥日報にて記事になったこともあり、青森県内の書店にて大きな動きとなりました。

紀伊國屋書店弘前店月別ランキング1位(7月)
成田本店週間ランキング1位(7月19日~25日)

ただ、本書は青森県の方だけでなく、全国の読者の皆さんにもきっとお役に立つ内容ですので、ぜひとも県外の方も書店さんにてのご注文をお願いいたします。
ご自身が「後期高齢者」である今先生による、「後期高齢者」にとって役に立つ病院、医者の知識が満載の本です。



治る病気も治らない 医者と患者のカン違い
 「治る病気も治らない 医者と患者のカン違い」
患者が主治医、医者は助っ人

  1. 医者と患者のカン違い
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
外部リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。