ハート出版ニュース

ハート出版の書籍に関連したニュースをお届けします。
ハート出版ニューストップ > 2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

”あきらめない”―小さな命のために

『かわいいこねこをもらってください』(ポプラ社)、『ボクをすてないで』(ハート出版)の作者、なりゆきわかこさんが、これまでに出会った犬や猫の思い出とともに、捨てられた動物たちの状況や、ボランティアさんの活動などを語ります。子どもと一緒に命の大切さ、命を救うための「あきらめない気持ち」を考えてみませんか。



第10回「上野の森 親子フェスタ」 5月3日~5日
日時: 2009年5月3日(日・祝)、4日(月・祝)、5日(火・祝) 10:00~17:00
会場: 台東区・上野恩賜公園中央噴水池広場、
東京都美術館講堂、東京国立博物館平成館大講堂


詳しくは第10回「上野の森 親子フェスタ」スケジュールのページをご覧ください。



ボクをすてないで
 「ボクをすてないで」

スポンサーサイト
  1. ボクをすてないで

主人公の犬「タロー」「ポンタ」永眠

ドキュメンタル童話・犬シリーズの主人公ともいうべき犬が、今年に入って相次いで亡くなりました。1月27日に「3本足のタロー」のタローくん(推定15才以上)、4月11日に「捨て犬ポンタの遠い道」のポンタくん(推定15才以上)です。

ともに、動物保護活動をなさってる加藤緑さん(「動物の幸せを結ぶ会」代表)が救出や、里親さん探しに奔走した犬です。

野良犬生活で極度の人間不信に陥ってたポンタは、苦難な救出劇を経て、石川さんご一家にあたたかく迎えられました。

捨て犬の上に足を1本失っていたタローは、村田さんご夫婦に助けられてから、福田さんご夫妻にあたたかく迎えられました。

それからは家族の一員として、人間と心を通わせた愛情たっぷりの時間が長く続き、介護を要する姿になってからも頑張って生を全うしました。死因はともに老衰でした。

壮絶な生い立ちや救出劇の人間ドラマから、幸せになるまでの道のりは、加藤さんの活動に共鳴・協力してきた作家・桑原崇寿先生の筆で童話としてまとめられています。



生前のタロー 平成21年1月27日永眠


生前のポンタ 平成21年4月11日永眠





捨て犬ポンタの遠い道
捨て犬ポンタの遠い道



三本足のタロー
三本足のタロー





読者の声(「捨て犬ポンタの遠い道」)

読者の声(「三本足のタロー」)




  1. 動物の幸せを結ぶ会
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
外部リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。