ハート出版ニュース

ハート出版の書籍に関連したニュースをお届けします。
ハート出版ニューストップ > 富田富士也

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

「自殺予防講演会」のお知らせ(三重県御浜町 9月1日)

自殺予防講演会

三重県地域自殺対策緊急強化基金補助金活用事業


人とは、人間関係とは、変わりうるものだから、決めつけないで
~「引きこもり」からの旅立ち~

日時 平成24年9月1日(土) 13:30~15:30
場所 三重県御浜町役場3階 くろしおホール


講師 子供家庭教育フォーラム代表
富田富士也氏

子ども家庭教育フォーラム代表
富田 富士也(とみた ふじや)
コミュニケーションワーカー
教育・心理カウンセラー
文京学院大学生涯学習センター講師
日本外来精神医療学会常任理事
日本精神衛生学会理事
日本学校メンタルヘルス学会・評議委員


富田富士也の本(アマゾン)
スポンサーサイト
  1. 富田富士也

富田富士也先生、「ごくせん」にコメント!

人気ドラマ「ごくせん」(日本テレビ系・水曜22時)のヤンクミ先生のグッと来る決めゼリフに対して、教育カウンセラーとして富田富士也先生が解説しています。
 この番組の人気の理由を富田先生は次のように述べています(「女性自身」2002年6月11日号)。
「今の子供たちは学校や家庭のすべての場面で、当たり障りのない人間関係になっているんですね。親子関係にしても生まれた時から、親が髪を振り乱して自分と向き合ってくれたという実感がない。だから、そんな子供たちはこのドラマを憧れから、親の世代は昔はこんな人間関係があったなあ、という懐かしさからみているとおもいますね。
 そして“親が稼いだ銭をなげるんじゃねえ”みたいに、親の気持ちを代弁してくれるようなセリフもあって、親として嬉しくなるシーンがあり、また子供たちは捨て身で生徒と向き合うヤンクミ先生にかっこよさを感じる。その両面がうまく作られているのが特徴ですね」


もう保育で悩まない
もう保育で悩まない

「いい家族」を願うほど子どもがダメになる理由
「いい家族」を願うほど
子どもがダメになる理由
  1. 富田富士也
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
外部リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。