FC2ブログ

ハート出版ニュース

ハート出版の書籍に関連したニュースをお届けします。

日本軍の捕虜収容所は本当に「奴隷」収容所だったのか? 英国人元捕虜が語る大森捕虜収容所の実体『英国人捕虜が見た大東亜戦争下の日本人』


英国人捕虜が見た大東亜戦争下の日本人



数年前、アンジェリーナ・ジョリー監督の映画『Unbroken』が日本でも話題となった。その主人公で、元五輪米国代表選手だったルイス・ザンペリーニがいた大森捕虜収容所が、本書の主な舞台である。『Unbroken』の原作者は、大森捕虜収容所は「奴隷収容所」だったと言い、映画でも原作同様の悲惨な捕虜の状況、日本人の非人道性が描かれていた。
本書でも、その同じ大森捕虜収容所が描かれているのに、その印象は全く異なる。日本人と捕虜は、主人と奴隷の関係にあるようには全く見えないのだ。


大森捕虜収容所(現平和島競艇場)に着いた捕虜たち



元英国人捕虜だった著者のデリク・クラークは、シンガポールから台湾に着いた時、貨車ではなく客車で収容所に送られたことに驚き、赤十字の慰問箱を日本軍は一つも盗むことなく捕虜に渡したことを、極めて公正な態度だったと高く評価している。


台湾の台中捕虜収容所で不寝番の捕虜が状況を報告



大森捕虜収容所で捕虜演劇会が開催される日、作業現場の親方たちが、普段面倒を見ている捕虜の晴れ姿を見るために、家族をつれて捕虜の兵舎に顔を出す、といった話もある。また、芝浦で捕虜の労働監視に動員されていた中学生が、絵の得意なクラークに卑猥な絵を依頼する話では、貨車の側面にクラークが絵を描き始めると、他の捕虜や日本人の運転手もやってきて、どぎついアドバイスをし、絵が完成すると皆笑顔で絶賛、そのあと仕事が始まる、といった具合である。そこには鬼のような日本人と、一方的に虐げられる捕虜、といった、よく耳にするような関係は見出せない。


貨車から荷下ろし作業する捕虜たちと現場監督の日本人



日本軍は、輸送船上や作業現場で亡くなった捕虜を丁重に弔っていることも描かれている。

このように、日本軍が捕虜を公正に扱い、十分配慮していたことがわかる記述も多い。だが著者は決して親日の立場にあるわけではなく、逆に批判的である。それが、それらの話に真実味を与えている。

あまりにも一方的に日本人の非道が描かれることの多い捕虜問題であるが、本書はより現実に近い大森捕虜収容所の内実が描かれており、捕虜と日本人の本当の関係を知る上で、非常に貴重な史料といえる。


冬の朝、木炭トラックに乗って大森から芝浦の作業現場に向かう捕虜たち



【目次】
訳者まえがき
序文

第1章 冒険始まる
第2章 新世界
第3章 赤道祭
第4章 植民地
第5章 アジアの女帝
第6章 シンガポール沖の海戦
第7章 制空権なき戦い
第8章 大要塞陥落
第9章 人生最大の幸運
第10章 大日丸、台湾へ
第11章 モスキート
第12章 石垣の向こう側
第13章 芸術家
第14章 慰問箱
第15章 脱走兵
第16章 死への誘い
第17章 日出づる国へ
第18章 大森捕虜収容所
第19章 ビーチの仕事
第20章 クリスマスの願い
第21章 バード
第22章 小名木川
第23章 太る隅田川
第24章 芝浦
第25章 新入り
第26章 超空の要塞
第27章 シンデレラ
第28章 東京大空襲
第29章 悲しい光景
第30章 仕事と芝居
第31章 悲劇と喜劇
第32章 タバコ泥棒
第33章 川崎の地獄
第34章 南京虫
第35章 新型爆弾
第36章 冒険終わる

訳者あとがき

訳注
デリク・クラーク世界一周の軌跡
訳註参考文献・サイト



昭和20年の冬、記録的な積雪の芝浦で、
石炭を貨車からかき出す作業をする捕虜たち




【書籍情報】
書名:英国人捕虜が見た大東亜戦争下の日本人─知られざる日本軍捕虜収容所の真実
著者:デリク・クラーク(Derek Clarke)
翻訳:和中 光次(わなか みつじ)
仕様:四六並製・300ページ
ISBN:978-4802400695
配本:2019.02.27
本体:1800円(税別)
発行:ハート出版
書籍URL:http://www.810.co.jp/hon/ISBN978-4-8024-0069-5.html
[ネット書店でのご購入はこちら]
アマゾン:https://www.amazon.co.jp/dp/4802400691/
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/15837717/
セブンネット:https://7net.omni7.jp/detail/1106967949






【著者】デリク・クラーク(Derek Clarke)
1921年8月生まれ。イングランド出身。セイクレッド・ハート・カレッジに進学。
子供の頃からキプリングの冒険小説に憧れ、世界中を冒険したくて英陸軍に入隊。シンガポール陥落後、日本軍の捕虜となる。絵が得意なクラークは、プロパガンダ要員として東京の大森捕虜収容所に送られるも採用されず、品川区の勝島、江東区の小名木川駅、南千住の隅田川駅、そして港区の日の出埠頭や芝浦埠頭で労働する日々を過ごした。本書では収容所、作業現場、そして空襲の体験を克明かつ正確に綴っている。
戦後は、オックスフォードシャー州テームにアトリエを構え、そこで妻ジョアンと暮らしながら、プロのアーティストとして活躍。ビール会社サミエル・スミスが経営するパブの看板デザインなどを担当した。2000年12月に79歳で他界。

【翻訳】和中 光次(わなか みつじ)
工業系の大学を卒業後、システムエンジニアとして勤務しながら、海外の貴重な英語文献などを、数多く日本に紹介してきた。



  1. 英国人捕虜が見た大東亜戦争下の日本人

『日本が消える日』出版記念講演会

チベット・ウイグル・香港…次は台湾、日本
武力を使わない静かなる侵略
このまま日本は中国の自治区となり
世界地図から消えてしまうのか

産経新聞論説副委員長佐々木類氏による『日本が消える日』出版記念講演会が、下記の日程で開催されますので、ご関心のある方はぜひご参加ください。


日時:令和元年12月21日土曜日18時~20時(開場17:45)
場所:文京シビックセンター26階スカイホール
参加費:1000円 学生無料




  1. 佐々木類

韓国崩壊のカウントダウン 法相辞任、支持率低下でなすすべなしの文政権はこの先どうするのか?日本はどうするべきか?元米海兵隊員による警告

日本にとって最悪の状況である「統一朝鮮軍による日本侵攻」を軍事シミュレートした話題の書『日本に迫る統一朝鮮(コリア)の悪夢』(ハート出版)を執筆したマックス・フォン・シュラー氏に聞く今後の日韓情勢


マックス・フォン・シュラー氏は元米海兵隊員の経歴を持つ歴史研究家。日韓合わせて50年近くの居住経験を持ち、日米韓それぞれの軍事情報に詳しい。本年4月に最新刊『日本に迫る統一朝鮮(コリア)の悪夢』(ハート出版)を刊行。日米と距離を置き北朝鮮にすり寄る文政権と弱体化するアメリカ軍を見て、いち早く「統一朝鮮軍」への警戒を表明し、同書にて「統一朝鮮軍による日本侵攻」をシミュレートしました。先月30日、本書の内容が韓国の中央日報によって報じられ、韓国でも物議を醸しました。


レーダー照射問題、韓国のホワイト国からの除外、 GSOMIA破棄、旭日旗追放運動など、悪化の一途を辿る日韓関係。元米海兵隊員の経歴を持つ歴史研究家で、日韓合わせて50年近くの居住経験を持ち、日米韓それぞれの軍事情報に詳しいマックス・フォン・シュラー氏が、今後の日韓情勢を分析する。


「曺国法相辞任」
文政権にとって、曺国法相辞任のダメージは大きい。文在寅大統領が目論む南北統一の野望は一歩後退するだろう。支持率も低下しており、自棄になった文大統領が暴走する危険性もあるので、引き続き注視する必要がある。

「反文政権デモ」
日本ではどういうわけだかほとんど報道されていないが、韓国内では大規模なものも含め、各地で反文政権デモが起きている。この動きを見る限りだと、韓国の民衆は必ずしも全てがメディアに毒されているわけではないようだ。
しかし反日教育は韓国民に浸透しているため、反文政権だからといって反日でないとは言えない。

「ポスト文政権」

0074-2.jpg
文在寅大統領とトランプ大統領



来年4月に予定されている総選挙で、一気に政権が倒れる可能性がある。その場合、ポスト文政権は右派政権になる可能性が高い。ただし文政権は軍に対して高圧的な態度をとり続けてきたので、平和的な政権交代にはならないのではないか。
ただ韓国には右派のリーダーがいない。期待されていた朴槿恵があの体たらく。場合によってはかつての軍事政権が甦る可能性もある。軍事政権になった場合、間違いなく38度線は維持されるわけだから、日本にとってはそのほうが都合がよいと言える。


「在韓米軍」

0074-2.jpg
烏山空軍基地のF-16とA-10




南北統一をもくろむ文政権にとって、一番邪魔なのが「在韓米軍」である。すぐにでも追い出したいところであるが、文政権は在韓米軍に対し「人質」としての価値を見出しているので、おそらく南北統一直前まで追い出すことはない。
一方でアメリカも一枚岩ではなく、オバマ政権によって弱体化された在韓米軍は、必ずしもトランプ政権を支持しているようには見えない。
もし韓国が南北統一に動いた場合、在韓米軍はそれを阻止する形では動けないし、本国内が反トランプ政権デモなどで分裂の危機なので、本土からの増援も期待できない。


「韓国軍」

0074-2.jpg
大韓民国海兵隊の兵士



実際に文政権が南北統一に動いたとして、韓国軍がそのまま朝鮮人民軍に吸収されることはないだろうから、そのタイミングで戦争になると思う。その場合、韓国軍がまともに戦えば朝鮮人民軍には負けない。ただしまともに戦えるかどうかは疑問。韓国もだいぶ平和ボケ気味。
仮にソウルが落ちても韓国軍の戦意は残るだろう。南北統一に反対する気概は韓国軍にはある。
そのため、南北が統一したとしても人民軍と韓国軍が折り合うことはないが、その混乱を収めるために日本に攻めてくるという状況が考えられる。その状況のシミュレートは私の最新刊『日本に迫る統一朝鮮(コリア)の悪夢』(ハート出版)に詳しく書かれている。


「米軍を信用するな」

0074-2.jpg
オバマ大統領(当時)の訪問を受ける米海軍潜水艦女性乗員たち



米軍は前のオバマ政権によって完膚なきまでに弱体化されてしまった。さらに米軍の弱体化に一役買ったのがポリティカルコレクトネスでありフェミニズムである。アメリカはLGBTをはじめとするフェミニズムを諸外国に広めており、特にジョージア国では大ひんしゅくを買っている模様。しかしアメリカ自体は「いいことをしている」気分になっている。
さらに国内では反トランプ勢力が各地で暴動を起こしている。最悪国内が分裂の危機となり、他国に派兵している場合ではなくなる。これは同盟国である韓国や日本も例外でない。


「韓国はどうすべきか」

0074-2.jpg
強襲揚陸艦独島



アメリカが頼りにならない今、韓国の同盟国は日本しかない。反日教育は今すぐやめるべき。


「日本はどうすべきか」

0074-2.jpg
2018年に陸上自衛隊に新編された水陸機動団



ヘタな嫌韓は敵を利するだけ。日韓が敵対すれば対馬が最前線になる。文政権を打倒し、統一朝鮮は阻止せねばならない。文政権に代わる保守政権と関係を改善し、日韓で朝鮮半島を守ろう。
そのためにも、これまでの謝罪外交は改め、韓国に対して不用意に謝ってはいけない。無理筋は突っぱねるべき。その意味で現在の安倍政権の韓国対応はかろうじて合格点と言える。
東アジア全体の平和のためにも、日本は引き続きアメリカと組んで東アジア全体をリードしなければならない。中国にリードを渡してはならない。ただしこれまでの「主=アメリカ、従=日本」ではなく、「主=日本、従=アメリカ」とすべき。
そのためには米軍に頼らない自立した軍備を持つ必要がある。時間のかかる改憲にこだわらなくても、一先ず法整備、防衛費の増額だけでも十分に対応は可能である。




0074-2.jpg


マックス・フォン・シュラー(Max von Schuler)
本名、マックス・フォン・シュラー小林。元海兵隊・歴史研究家。ドイツ系アメリカ人。
1974年岩国基地に米軍海兵隊として来日、その後日本、韓国で活動。退役後、国際キリスト教大学、警備会社、役者として日本で活動。現在は結婚式牧師、「日出処から」代表講師。
著書に『日本に迫る統一朝鮮(コリア)の悪夢』『アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史』『アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの“崩壊”』(ハート出版)『太平洋戦争 アメリカに嵌められた日本』(ワック)『アメリカ白人の闇』(桜の花出版)などがある。


0074.jpg

『日本に迫る統一朝鮮(コリア)の悪夢』


  1. マックス・フォン・シュラー

ケント・ギルバート氏、夕刊フジの記事で「竹林はるか遠く」に言及

2015年12月5日の、夕刊フジ、ケント・ギルバート氏の連載記事「日本の新常識」で、「竹林はるか遠く」について言及。


記事のタイトルは「吉永小百合の発言に疑問」というもので、テレビ朝日の「報道ステーション」で吉永さゆり氏が「武器を持たないということが、積極的平和主義だと思います」とコメントし、キャスターの古舘伊知郎氏が「そうですね」と肯定したことを批判する内容。

ギルバート氏は、「武器をもたない国がどのようになるかは、近現代史から学ぶべきだ」と述べ、チベット、ウイグル、内モンゴルに中国が軍事侵攻し、現在もそれらの地域で虐殺や人権弾圧が行われている実例をあげ、吉永氏の発言に反論している。

さらに、家に鍵をかけない「積極的泥棒撃退主義」の家に泥棒が入らないのか、痴漢撃退スプレーを持たない「積極的痴漢撲滅主義」の女性は痴漢に合わないのか、とわかりやすい比喩を提示して、吉永氏の「平和主義」に論理上の矛盾、すり替えがあり、完全に逆の効果を招くことを示している。

また、終戦後、大陸から日本に引き揚げる過程で、そして、米軍が日本に進駐してきたとき、多くの日本人女性が強姦された例をあげ、軍事力で自国民を守れなくなった場合、その最大の被害は女性が蒙ることになる、と指摘している。

そして、ケント・ギルバート氏は、多くの女性引揚者が強姦されたことについては、「二日市保健所」や「竹林はるか遠く」で検索してほしいと述べている。


竹林はるか遠く

竹林はるか遠く 日本人少女ヨーコの戦争体験記





  1. 竹林はるか遠く

ナチュラルスピリット&ハート出版スピリチュアルフェア

今月から、スピリチュアリズムファンにはおなじみの専門出版社「ナチュラルスピリット」さんと精神世界の合同フェアを開催しています。

テーマは「魂と意識の階梯」「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」の2つ。

「魂と意識の階梯」フェアでは、覚醒・体外離脱・死後世界・ヘミシンク・波動・時空等をテーマに、「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」フェアでは、からだ・ヒーリング・食事・人生・パワースポット・お金・病気等をテーマに、いろいろな本を取り揃えて皆さまをお待ちしています。

近くにお越しの際は遊びに来てくださいね!

【有隣堂藤沢店】
10月1日~11月中旬まで「高次元探訪への誘い」「カラダの声を聞いて、内なる自分の神意識とつながる」フェア開催中
DSC_0139.jpg



【丸善丸の内本店様】
9月3日~10月上旬まで「意識の覚醒・身体の目覚めとは何か?」フェア開催中
丸善丸の内本店②



【有隣堂横浜駅西口ザ・ダイヤモンド店様】
8月16日~9月中旬まで「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」「魂と意識の階梯」フェア開催中
DSC_0104.jpg

DSC_0109.jpg



【有隣堂伊勢佐木町本店様】
8月5日~8月下旬まで「魂と意識の階梯」「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」フェア開催中
有隣堂本店①



【ブックデポ書楽様】
7月31日~8月下旬まで「魂と意識の階梯」フェア開催中
ブックデポ②



【有隣堂アトレ川崎店様】
7月24日~8月中旬まで「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」フェア開催中
有隣堂アトレ川崎店



【紀伊國屋書店新宿南店様】
7月16日~8月中旬まで「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」フェア開催中
DSC_0056.jpg



【有隣堂ルミネ横浜店様】
7月10日~8月7日まで「体と意識が目覚める」フェア開催中
DSC_0043.jpg



【芳林堂書店高田馬場店様】
7月~8月中旬まで「魂と意識の階梯」フェア開催中
芳林堂高田馬場店



【有隣堂戸塚モディ店様】
7月~8月初旬まで「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」フェア開催中
有隣堂戸塚モディ店



【旭屋書店池袋東武店様】
7月~8月中旬まで「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」フェア開催中
旭屋池袋店

  1. フェア情報
次のページ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
外部リンク