ハート出版ニュース

ハート出版の書籍に関連したニュースをお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ケント・ギルバート氏、夕刊フジの記事で「竹林はるか遠く」に言及

2015年12月5日の、夕刊フジ、ケント・ギルバート氏の連載記事「日本の新常識」で、「竹林はるか遠く」について言及。


記事のタイトルは「吉永小百合の発言に疑問」というもので、テレビ朝日の「報道ステーション」で吉永さゆり氏が「武器を持たないということが、積極的平和主義だと思います」とコメントし、キャスターの古舘伊知郎氏が「そうですね」と肯定したことを批判する内容。

ギルバート氏は、「武器をもたない国がどのようになるかは、近現代史から学ぶべきだ」と述べ、チベット、ウイグル、内モンゴルに中国が軍事侵攻し、現在もそれらの地域で虐殺や人権弾圧が行われている実例をあげ、吉永氏の発言に反論している。

さらに、家に鍵をかけない「積極的泥棒撃退主義」の家に泥棒が入らないのか、痴漢撃退スプレーを持たない「積極的痴漢撲滅主義」の女性は痴漢に合わないのか、とわかりやすい比喩を提示して、吉永氏の「平和主義」に論理上の矛盾、すり替えがあり、完全に逆の効果を招くことを示している。

また、終戦後、大陸から日本に引き揚げる過程で、そして、米軍が日本に進駐してきたとき、多くの日本人女性が強姦された例をあげ、軍事力で自国民を守れなくなった場合、その最大の被害は女性が蒙ることになる、と指摘している。

そして、ケント・ギルバート氏は、多くの女性引揚者が強姦されたことについては、「二日市保健所」や「竹林はるか遠く」で検索してほしいと述べている。


竹林はるか遠く

竹林はるか遠く 日本人少女ヨーコの戦争体験記





スポンサーサイト
  1. 竹林はるか遠く

ナチュラルスピリット&ハート出版スピリチュアルフェア

今月から、スピリチュアリズムファンにはおなじみの専門出版社「ナチュラルスピリット」さんと精神世界の合同フェアを開催しています。

テーマは「魂と意識の階梯」「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」の2つ。

「魂と意識の階梯」フェアでは、覚醒・体外離脱・死後世界・ヘミシンク・波動・時空等をテーマに、「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」フェアでは、からだ・ヒーリング・食事・人生・パワースポット・お金・病気等をテーマに、いろいろな本を取り揃えて皆さまをお待ちしています。

近くにお越しの際は遊びに来てくださいね!

【有隣堂藤沢店】
10月1日~11月中旬まで「高次元探訪への誘い」「カラダの声を聞いて、内なる自分の神意識とつながる」フェア開催中
DSC_0139.jpg



【丸善丸の内本店様】
9月3日~10月上旬まで「意識の覚醒・身体の目覚めとは何か?」フェア開催中
丸善丸の内本店②



【有隣堂横浜駅西口ザ・ダイヤモンド店様】
8月16日~9月中旬まで「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」「魂と意識の階梯」フェア開催中
DSC_0104.jpg

DSC_0109.jpg



【有隣堂伊勢佐木町本店様】
8月5日~8月下旬まで「魂と意識の階梯」「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」フェア開催中
有隣堂本店①



【ブックデポ書楽様】
7月31日~8月下旬まで「魂と意識の階梯」フェア開催中
ブックデポ②



【有隣堂アトレ川崎店様】
7月24日~8月中旬まで「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」フェア開催中
有隣堂アトレ川崎店



【紀伊國屋書店新宿南店様】
7月16日~8月中旬まで「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」フェア開催中
DSC_0056.jpg



【有隣堂ルミネ横浜店様】
7月10日~8月7日まで「体と意識が目覚める」フェア開催中
DSC_0043.jpg



【芳林堂書店高田馬場店様】
7月~8月中旬まで「魂と意識の階梯」フェア開催中
芳林堂高田馬場店



【有隣堂戸塚モディ店様】
7月~8月初旬まで「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」フェア開催中
有隣堂戸塚モディ店



【旭屋書店池袋東武店様】
7月~8月中旬まで「人生を豊かに生きるための体の声の聞き方」フェア開催中
旭屋池袋店

  1. フェア情報

「とべないホタル」シリーズの著者・小沢昭巳さんご逝去

弊社刊のロングセラー「とべないホタル」シリーズの著者・小沢昭巳さんが5月12日、大動脈解離のためご逝去されました。
享年85歳でした。お通夜・告別式は既に執り行われ、弊社代表夫妻、担当編集者も式に列席させていただきました。

小沢さんは1929(昭和4)年、富山県に生まれました。昭和24年から平成元年まで県内の小学校、富山県教育研究所などに勤務。
平成2年より高岡市万葉歴史館研究員、国立高岡短期大学非常勤講師を経て、退職後は体調を崩されながらも次回作の構想を練り続けていました。

「とべないホタル」は小沢さんが小学校教諭時代、クラスにいじめ問題が発生した際に壁新聞に書いた作品でした。
これがきっかけでクラスのいじめがぴたりと止んだのです。

この作品を1988(昭和63)年に弊社より児童書として刊行させていただいたところ大反響となり、その後シリーズ12作まで続き、派生シリーズ全体で累計187万部のベストセラーとなりました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

- 合掌 ―




とべないホタル
とべないホタル

  1. とべないホタル

フラガールと犬のチョコ、テレビドラマ化、3月11日放送

「フラガールと犬のチョコ―東日本大震災で被災した犬の物語」がテレビドラマになります。

わすれないで、被災動物たちのこと。
原発事故で緊急避難させられた町。
置き去りにされた動物たちの中に、“フラガール"の愛犬・チョコもいたのです……。
2012年6月に就任したばかりのフラガール新リーダー・モアナ梨江さんの感動秘話





東日本大震災で被災したフラガールと愛犬の実話をドラマ化
瀧本美織 主演『フラガールと犬のチョコ』
3月11日(水)よる9時 放送

  1. フラガールと犬のチョコ

韓国のジャパンディスカウント、『竹林はるか遠く』の排斥運動

11月15日金曜日の読売新聞朝刊4面で、「竹林はるか遠く」が取り上げられました。

竹林はるか遠く
竹林はるか遠く


『竹林はるか遠く 日本人少女ヨーコの戦争体験記』


竹林はるか遠く


タイトルは「政治の現場-冷え切る日韓」(前日から始まった連載記事)
韓国は官民を挙げてあらゆる分野で「ジャパン・ディスカウント」という日本引きずり下ろす運動を強力に推し進めているという内容。

そしてその「主戦場はアメリカだ」として、在米韓国人の活動の現場を取材している。その一つが日本軍を「ユダヤ人虐殺にならぶ歴史的蛮行」に仕立て上げようとする従軍慰安婦の少女像設置運動などを取り上げている。

在住の韓国人たちが米国で「強い結束力」「政治力」を持ち出したことの一例として、「竹林はるか遠く」の排斥運動を指摘する。

同書は、著者の体験を元にした「戦争の悲惨さを訴えた作品」だが、「朝鮮人の暴行や略奪を行ったとする描写」が「植民地支配を歪曲している」として学校の教材からの撤去する運動を起こしたと詳述している。

記事中、「竹林はるか遠く」のあらすじも紹介され、「同書には傍若無人に振る舞う朝鮮人だけではなく、ヨーコの家族も助けてくれた親切な朝鮮人も登場する」とし、ハート出版から7月出版されたことが紹介されている。





この記事はラジオでも紹介されました。
韓国のジャパンディスカウント、『竹林はるか遠く』の排斥運動

首都圏FM局同時間帯聴取率1位 埼玉FM NACK5 大野勢太郎 HYPER RADIO TODAY'S CHOICE 2013年11月15日






  1. 竹林はるか遠く
次のページ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
外部リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。